大腸がん克服
大腸がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

大腸がんの自覚症状

大腸がんの自覚症状

大腸がんの自覚症状で、もっとも多いのは血便です。他に便が細くなる、下痢、便秘、腹痛、貧血症状といったものがあります。一般的に初期は無症状であり、こうした症状が出ている場合はすでに進行していることが多いようです。ただし、他の病気でこれらの症状がでることもありますのですぐに大腸がんとは断定できません。 血便は痔の出血と間違えやすいですが、直腸がんでも見られます。腹部の膨満感やガスがたまる感じは、結腸がんの症状に多くみられます。 結腸がんの場合は、腹痛、下痢などの症状から、慢性腸炎、潰瘍性大腸炎、結腸憩室炎などとまちがえることがあります。直腸がんの場合は、肛門からの出血を痔とまちがえるひとが、いちばんよくみられます。
大腸がんの自覚症状早わかり
大腸がん 検診 大腸がん検診は、有効性が十分証明されている検査ですが、病気の約30%程度は検査結果が陽性とならない事があります。結果が陰性(異常なし)であっても、大腸がんを早期に発 見するには、定期的に検診を受けることが大切です。毎年1回は大腸がん検診を受けるようにします。 大腸がん 転移 大腸がんは、肝臓にいちばん転移しやすいのですが、肝臓転移が見つかっても、肝臓を手術したり抗がん薬を注入したりして長期に生存することも可能です。 大腸がん 治療 大腸がんの治療法としては、内視鏡療法、手術療法、化学療法、放射線療法があります。がんの進行度や形態などによって方法が決められます。 大腸がん 病院 がん情報サービスの病院検索が利用できます。

大腸がんの自覚症状検査
「大腸がん」の検査で、最もよくおこなわれるのは、肛門から直腸に指を挿入して直接触れる直腸指診です。内視鏡検査は、病変を直接観察できます。そのうえ組織を採取して、精密検査をおこなうことができる有効な検査です。 出血を調べるには、便中の血液反応を見る便潜血反応検査がおこなわれます。必要に応じて注腸X腺検査、CT検査、MRI検査血管造影検査などがおこなわれます。

大腸がんの自覚症状
大腸がん 初期症状 早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状はありません。大腸がん検診や人間ドッグなどの便潜血検査で見つかることがほとんどです。進行した大腸がんでは、腫瘍の大きさや存在部位で症状が違ってきます。 大腸がん 食事 大腸がんは、食事の欧米化、とくに動物性脂肪や蛋白質の過剰摂取などにより、日本でも近年急速に増えています。毎年約6万人が罹患し、胃がんを追い抜くのは時間の問題といわれています。 大腸がん 抗がん剤 大腸がん化学療法は、進行がんや再発防止目的などに、抗がん剤を用いておこなわれます。 大腸がん 生存率 大腸がんは、早期に発見できれば、そのほとんどが内視鏡的に、または外科的に根治可能な病気です。早期大腸がんの5年生存率は80%以上と極めてよく、進行がんでもがんの浸潤の程度とリンパ節転移の程度により予後が変わってきます。 大腸がん 予防 がんにならないように、食生活の改善を行うことなどを一次予防といいます。また、一次予防だけでは防ぎきれない部分に対して検診や受診で早期発見・早期治療を行うことを二次予防といいます。一次予防には、動物性の高脂肪、高タンパク質は控えめにする、食物繊維を多く含む野菜、芋類、穀物類、きのこ類、海藻類を多く摂取する、ビタミンA、C、カルシウム、葉酸を多く含む食品を摂取する、アルコールは適量にする、規則正しい排便習慣をつけ、便意を我慢しないようにする、生活リズムを整え適度な運動を行うなどがあります。

大腸がんの自覚症状
「大腸がん」の治療法は、内視鏡による手術と、腹腔鏡下切除術や局所切除、開腹による外科手術などがあります。がんの発生部位や進行度によって、最適な手術法が選択されます。 内視鏡療法 早期のがんの場合、手術をしないで内視鏡で治療をすることがあります。入院期間は数日間と短く、負担のかなり少ない治療です。 手術療法 手術療法は、大腸がんの基本となる治療法です。がんの部位、進行度、大きさなどで手術方法が違います。結腸がんでは、開腹手術と傷が小さく数日で退院できる比較的負担の少ない腹腔鏡下手術があります。直腸がんでは、大きな手術になることが多く、泌尿生殖機能に影響を与えることがあります。可能な範囲で泌尿生殖機能を温存しますが、状態によっては温存できないこともあり、人工肛門が必要になる場合があります。 放射線療法 放射線療法は、直腸がんの局所再発に対して行われる治療法です。 化学療法(抗がん剤) 進行がんや再発防止目的などに抗がん剤による治療が行われます。

大腸がんの自覚症状
便秘 大腸がん 大腸がんの症状でもっとも多いのは血便ですが、他に便が細くなる、下痢、便秘、腹痛、貧血症状といったものがあります。便秘をおこすと、腸粘膜との接触時間が増え、腸粘膜が発がん性物質に長くさらされることになります。 大腸がん 内視鏡 早期のがんの場合、手術をしないで内視鏡で治療をすることがあります。隆起して茎のあるポリープはスネアというワイヤーをポリープの茎にかけて電気で焼き切ります。茎のない平坦なポリープの場合周辺の粘膜を浮き上がらせて広範囲を電気で焼き切ります。入院期間は数日間と短く、負担のかなり少ない治療です。 大腸がん 原因 近年、日本では食生活の欧米化にともなって、大腸がんが増えてきていると考えられています。大腸がんの原因として特に動物性脂肪やたん白質の摂取増加、食物繊維の摂取不足があげられます。

大腸がんの自覚症状手術

手術療法は、大腸がんの基本となる治療法です。がんの部位、進行度、大きさなどで手術方法が違います。

結腸がんの手術
大腸がんの治療は、手術療法が基本です。早期がんの場合でも手術が必要になる場合があります。結腸がんの場合、切除する結腸の量が多くても、術後の機能障害はほとんどおこりません。リンパ節郭清と呼ばれるリンパ節の切除とともに結腸切除術が行われます。

直腸がんの手術
直腸がんでは、大きな手術になることが多く、泌尿生殖機能に影響を与えることがあります。可能な範囲で泌尿生殖機能を温存しますが、状態によっては温存できないこともあり、人工肛門が必要になる場合があります。

大腸がん手術後
がんが進行していた場合は、手術後の傷や、人工肛門を設置した部分が治るまでに、2週間ほどかかる場合があります。しんぼう強く治療をおこなうことが必要です。

大腸がん ステージ大腸がんの自覚症状
大腸がんと診断されたら、どの程度進んだ状態かを判断しなければなりません。
がんの拡がりの程度によって治療法が決まります。拡がりの程度を示すのに、日本ではステージ分類が使われます。
ステージ 0 がんが粘膜にとどまるもの
ステージ 1 がんが大腸壁のとどまるもの
ステージ 2 大腸壁を越えているが、隣接臓器に及んでいないもの
ステージ 3 がんが隣接臓器に浸潤(拡がること)しているか、リンパ節転移あり
ステージ 4 肝、肺、腹膜など遠隔臓器へ転移があるもの

大腸がん 内視鏡検査
早期のがんの場合、手術をしないで内視鏡で治療をすることがあります。隆起して茎のあるポリープはスネアというワイヤーをポリープの茎にかけて電気で焼き切ります。茎のない平坦なポリープの場合周辺の粘膜を浮き上がらせて広範囲を電気で焼き切ります。入院期間は数日間と短く、負担のかなり少ない治療です。

大腸がん自覚症状
大腸がんの自覚症状は、潜血からくる疲労や脱力があるくらいです。腫瘍が結腸の左側にあると、早期に腸が閉塞する可能性があります。それは下行結腸は細く、腸内の便がすでに半固形状態になっているため、そこでがんが発育すると便が詰まってしまうからです。

進行性 大腸がん
がんが進行すると結腸壁や直腸壁に浸潤します。周囲のリンパ節にも浸潤します。腸壁、特に直腸壁からの血液は肝臓へ流れるため、肝臓へ広がりやすく(転移)、その後すぐにリンパ節にも転移します。




フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。